これが私の書きたいこと! うつ病日記

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うつ病日記

「うつ病な毎日」

今日も ソファーに横になって 
ケーブルテレビで映画を見てた。
洗濯をするでなく 食事を用意するでなく
ただ ひたすら 映画を見続けていた。
どれも 途中で退屈し 知らない間に 眠っていたり。

「三食昼寝付き」と言われる世間の主婦。
それとて 家事を切り盛りしていることが前提。
家事をやっていれば 昼寝も許されるのだろう。

私は一切の家事を放棄している。できない。

精一杯 自分にハッパをかけて 無理をして
普通の主婦をやったら メニエール発作に見舞われ、懲りた。

幸運なのは 優しい配偶者に恵まれたがために
大きな顔をして「苦しい 苦しい」と 
ひたすら 呻いていられること。

「寝たきりの三食付き」

こんなこと そう長く許されるはずがない。
人は働かなければならないのだ。
こんな怠けものは あの世で 地獄の業火に焼かれるのだろうか…
怠け者の暮らしそのものが 
私にとっては すでに 地獄と変わらないような気がする。

薬が増えるたびに 体重までがついてくる。
病気の上に 体型のコンプレックスまで入ってきた。
生きる力を思い切り萎えさせてくれる。

神様が天国に連れて行ってくれないだろうか。
私が無邪気に夢を見ている間に…

家族は「生きていてくれるだけでいい」と言う。
何度 救急車に乗っただろうか
何度 ICUにお泊りしただろうか。

生きている方の身にもなってほしい。
毎日 毎日 罪悪感に塗れ 
何も思い浮かばない空っぽの頭を抱えて
拷問のようにやってくる朝に 
飽きるほど うんざりしているのに。

なった人にしか わからないという このジレンマ。

うつ病なんぞとは無縁の配偶者。
だから共倒れもせず
こうして病院にも行かせてもらえている。
このことには 素直に感謝している。
何もせず 10年も薬を飲んでいる私は
家族にとって どんな存在なのだろうか。

ずっと夜だけの国に移り住んでみたい。

夜が深くなればなるほど 世間の喧噪は止み
「働かねば」という強迫観念が いつの間にか姿を消す。
だからだろう 私は夜が好きだ。

夜なら生きていても許されているような気分になるから。



アガスティアの預言書に関する雑感(2)

アガスティアの預言書を検索するのには親指の指紋が使われるわけですが、預言書には以下のような記述がありました。

「この娘の左手の親指には、マニ、メル、サング、レカの刻印と3つの点がある。彼女はピラパの年・アーバニーの月・3日・金曜日に生まれた。運命星はマガムである。ラグナはうお座に、ラッシーは獅子座に。金星はかに座に、太陽と月とラフーは獅子座に、水星と火星は乙女座に、土星はいて座に、木星は山羊座に、ケーツーは水瓶座に位置している。
 これが、この娘が外国、日本の良い家庭に生まれたときの惑星の配置である。・・・・」

私は自分が外国で生まれたという意識を持ったことがない。私ははじめから日本人のつもりである。しかし、インドに預言書があり、その8割は真実を言い当てられているところから察すると、私のオリジンはインド人なのかもしれないと思うようになった。

両親は離婚係争中で、父親は蛇の目傘の職人、母親は大きな紡績工場の事務員という状態を「良い家庭」と呼んでいい
ものかどうかは些か疑問の余地はあるものの・・・
インドには4回渡った。日本人としては多い方かもしれない。
過去生のエピソードもインド人としてのものだったし、来世もインド人だと書いてあった。
私は今、つかの間の外国暮らしを楽しんでいるのかもしれない。
慣れない外国に来たもんだから、うつ病なんかにかかってしまったのかもしれない。
そうそう、預言書に「彼女は精神に問題を抱えている」とはっきり書いてあった(笑
預言書では現在の私は「良い計画を立てて成功する」そうである。

さて、なにを企んでみようかな・・・ケケケ

アガスティアの預言書に関する雑感(1)

小説でも触れましたが、インドには5000年前に書かれたといわれている個人の運命を記した預言書がある。
アガスティアの預言書、プリグの預言書、ヴァラドワージャの預言書、シヴァの預言書・・・
日本人の常識では到底受け入れられないであろうこれらの預言書は、現に実在し、私自身も、そのいくつかを読んでもらった。

私の名前、夫の名前、両親の名前をはじめ、夫の職業、経済状態、両親の現在、私の病気、子供の数・・・ことごとく言い当てられていた。

最近、また「砂の器」という映画を見ましたが、その中で「宿命」というタイトルの音楽が作られていた。

両親と名前は「宿命」で、変えられないとインドではいわれているけれど、確かに両親の名前と自分の名前は預言書にでていた。子供に関しては男の子が一人、女の子が一人という表現で名前は書かれていなかった。

子供に関する預言で、「子供のうち、どちらか一方は勉学において遅延と停滞に悩むかもしれない」と書いてあった。

我が家では上の女の子がプロのバレエダンサーを目指して、ドイツに滞在しオーディションラッシュの最中にあった。下の子は大学受験の年で、私たち親は祈るような気持ちで毎日を過ごしていたが、上の子は東欧のある国の国立バレエ団に就職が決まったが、下の子は浪人が決まった。

アガスティア、恐るべしである。

預言書は、此方がうなるほど色んな過去の出来事を言い当てていたが、これから先については宿命ではなく「運命」として書かれており、本人しだいでは如何様にも変更は可能なようである。

「息子は非常に頭がいい」と書かれていたが、これも本人の努力次第なのであろう。

何しろこの預言書には、私が何歳のときにこれを読むかまで、ご丁寧に予言してあった(笑

息子の将来の職業、娘の職業も書かれていたが、娘はともかく、息子のほうは不確定要素が強いような気がする。

一番腹立たしいのは、私のうつ病は殆ど治っていて、今頃は聖地を巡っていなければならないはずなのに、相変わらず薬との縁も切れず、入退院を繰り返していることである。

修理・修正中

金城たけし001 新しいおとぼけ最近の金城武はどうなってるんだろう・・・

最近、書きたいことが次々に現れてくるんで、休みなく更新していましたが、日本語がとても変な文章が増えてきたんで、「失いながら生きる」という殴り書きを初回分~(8)あたりまで読み直して、患者仲間のことも、少しずつはさんできました。

明日からは(6)以降をチェック&加筆するつもりです。

落ち着いたらアガスティアの葉の予言やら聖者についてまた書きます。

訪問者の数が多いので、びっくりしています。私が薬を飲んでるから、表現に困るのでコメントを控えておられるかも知れませんが、どうぞ普通のおばさんですから(つもり)、忌憚の無いコメントをお寄せくださいませ。

コーヒータイム

ここのところ、お嬢の就職のことでアメリカがいいかヨーロッパがいいか・・・考えてて・・・。

お嬢はヨーロッパのバレエ学校に留学してたんでやっぱりヨーロッパに未練があるみたいだけど、コネクションがきくカンパニーは日本とアメリカにしかない。ライバルがどんどん契約を取ってきてるんで親子であせりまくり。

お嬢は先頭の東洋人。簡単そうに見えるけど、バレエはかなり体力が要る。

お嬢のスクールパフォーマンス 

ヨーロッパの国立のバレエ団を受けようとしたけど、なんとかショックかなんだかわかんないけど、とにかく不況で、日本人は要らない・・・と無碍に断られてばかり。最近持ち直したみたいなんで11月の下旬からドイツに行って腰をすえてオーディションを受けさせてくれるカンパニーを探す予定みたい。もうお嬢も20歳になるから、一人でできるところまで頑張るしかなさそう。

因みにスイスのチューリッヒバレエ団は初任給35万円。でもあそこの芸術監督はお嬢の学校の理事長と仲が悪いんで絶対に呼ばないらしい。
人間が小さいなあ( ̄人 ̄)

日本の有名バレエ団・・・団費払って、チケット買取りして、年に数回の公演に出た時にギャラが出るだけ。

日本にも一応新国立劇場付属バレエ団があるけど、あそこは牧阿佐美バレエ団の別働隊らしい。

アメリカのコロラドバレエ団は初任給12万円。場所も悪い!隣のユタ州では地下核実験を繰り返してたから、なんか不健康そう。う~ん、やっぱりヨーロッパの方が由緒正しい荘厳な歌劇場がいっぱいあるし・・・

どっか拾ってくれないかなあ~30685_1493480145364_1484853498_31246899_3236462_n.jpg真ん中、お嬢。ロシアの国立バレエ学校に客演した時のスナップ。ロシアのホテルは刑務所みたいだったと言っていたが????


でも、白人ばかりで、英語でしかコミュニケーションできないところで3年間よく頑張ったと思う。11月の日本の稽古場の公演が日本での最後の舞台となりますように・・・

    19066_1284624570160_1666519935_669567_407327_n.jpg即興舞台。う~む、アーティストって感じでなかなか

   嫁入り前の娘が、コラコラ       29177_388508546910_640321910_4568561_1708403_n.jpg
                      
           31123_401926731986_522476986_4675299_4832421_n.jpg
西洋人は得だなあ。お嬢がんばれ!


母は私小説風殴り書きを整理して、日本語のおかしいところを徹底的に直して、インドにかぶれるだけかぶれて、芥川賞に挑戦するぞー(なわけないっしょ

安定剤の方が先だな(^皿^)v








プロフィール

アバター薫子

Author:アバター薫子

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
17549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1928位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
気が向いたら記念にポチっとお願いします!
フリーエリア
ユニセフ
http://www.unicef.or.jp/img/link_120_60.gif
フリーエリア
高校生の頃よく聴いてました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。