これが私の書きたいこと! ギタリストになりたかった男

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギタリストになりたかった男

うちのは、高校時代にロックバンドをやっていた。
当時は「L-モーション」なるコンテストがあり、ブロック大会で優勝すると、メジャーレーベルからデビューのチャンスが与えられていた。

夫のバンドの名前は「スキャンティ」(ロックバンドだから、みんなシャイなのに無理してつけた名前ね)

高校生の時、県大会で優勝した。これは確かに凄い。勉強もしないで、っていう意味でね!

そして、九州大会出場権を獲得。いざ、福岡のコンテスト会場に乗り込んではみたが・・・

審査委員の席に前年に優勝しデビューを果たした「モッズ」が座っているのを見て、一気にその気に。

福岡代表バンドは・・・あの陣内孝則率いる「ロッカーズ」だった。勝てるわけがない。陣内君が亡くなったバンド仲間に捧げるつもりで作成した「ザ・ロッカーズ」・・・・だったっけ、映画。あんなに才能溢れる陣内君だもん、そりゃーデビュー前から、オーラのリングはデカかったよ。

ライバルの演奏なのに、見とれている夫のバンドメンバー達。「かっこえーなあー

結果は、勿論、「ロッカーズ優勝で、彼らはデビューした。でも、作曲能力だけは平凡の域を脱してなかったんでバンド活動はすぐに終わって、後は陣内君の芸能界での活躍が始まったのは、皆さんご存知のとおり。

翌年
。またまた出ました「L-モーション・九州大会」。今度こそはと期待してね。審査委員には、きっちり陣内君が座ってた。

さて、その年の福岡代表は・・・学ラン着て、シャネルズよろしく踊りながら唄う藤井フミヤ君率いる「チェッカーズ」。別に大したインパクトは無かったけど、不良少年が学ラン着て、真面目にポップスを唄っている姿はコミカルでかわいかったなあ。

で、優勝は勿論、件の「チェッカーズ」。審査委員の講評はイマイチ歯切れが悪かったけど、彼らを選んだ審査委員の先見の明には、業界人の勘みたいなのが働いたんだろうなあ。夫はこれで完全に日本のロック界との縁が切れてしまった。南無阿弥陀仏・・・・

で、夫が次に走ったのは、ギターコレクション。と、言っても、お金ないんで「誰が弾くんだ?」っていいたくなるくらいに無駄なギターが、うちにはあるという程度。そして、不惑の歳をとうに過ぎているのに、イチバン好きな番組が、ひかりTVでローリー寺西君がやっている「ロックの学園・軽音部

これに出てくるヴィンテージもんのギターの一本一本によだれを垂らしながら、ローンで買ったギブソンのレスポールを大事そうに取り出しては、自分に酔いながら毎回同じフレーズを弾いては詰まったところで片付けるのが日課である。この番組を夫ほど楽しみにしている人はいないんではないかと思うくらいよ。

でも、毎回出るゲストもバラエティ豊か。筋肉少女帯の橘高文彦とかギターの名人がでてくるもんね。

で、うちにあるギター。一部を貼り付けの刑に処します。誰が弾くんじゃ。責任者出て来~い(`ω´)ノ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

アバター薫子

Author:アバター薫子

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
日記
17549位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
主婦
1928位
アクセスランキングを見る>>
ランキング
気が向いたら記念にポチっとお願いします!
フリーエリア
ユニセフ
http://www.unicef.or.jp/img/link_120_60.gif
フリーエリア
高校生の頃よく聴いてました
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。